出会い系サイト規制法

出会い系サイトの利用に起因する児童買春その他の犯罪から児童を保護することが目的
出会い > 規制法

警察庁のサイトを参考に、簡単にお伝えします。

出会い系サイト規制法(正式名称「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」)

平成15年に制定されたが、その後も出会い系サイトの利用に起因した犯罪が多発したため、何度か法改正されている。出会い系サイト運営事業者に対する規制も強めた。

出会い系サイト規制法の目的

出会い系サイト利用に起因する児童買春その他の犯罪から児童を保護、健全な育成を行う事が目的。この法律における「児童」とは18才未満の少年少女のこと。

出会い系サイトを利用する方に関する事項

出会い系サイトの掲示板に児童を相手方とする異性交際を求める書き込みをすることは禁止。

出会い系サイトの掲示板に児童を性交の相手方とする交際を求める書き込みをした人や、児童を相手方とする金品を目的とした異性交際を求める書き込みをした人は処罰の対象。

なお、児童が出会い系サイトを利用することは認められていません。

サイト運営側も年齢確認を行うなど、児童が利用しないようチェックすることを義務づけられています。


出会い系ガイドTOP

QLOOKアクセス解析